フォト
無料ブログはココログ

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月に作成された記事

2013年9月30日 (月)

若桜町にロケハンに行ってきました

今日は、映画のロケでお邪魔する若桜町に行ってきました。

ロケの控え室として利用する三百田住宅の申込書を提出して、藏通りをロケハンして、小林町長さんにご挨拶に上がりました。

若桜ロケの10月20日は、新選組が若桜を練り歩くシーン、池田屋襲撃のシーンを撮影しますとお話すると、「え~な~。わしも見たい!」と、しかし、ほかの仕事があって鳥取市内に出かけられるとのこと、ざんね~ん。

でも、夕方近くまでロケしますからと話しますと、「そんなら仕事が済んだら急いで帰ってくるから、見られるなあ。」と安心されたご様子。

新選組と町長さんとで記念写真を撮りましょう。小林町長さんも期待の新選組だで!

新選組だ。御用改めである。

2013年9月29日 (日)

第2回衣装合わせ終了

本日は二回目の衣装合わせとセリフ練習の日でした。

衣装合わせには、新選組の隊士が駆けつけ、3名完了しました。

その後、堀庄次郎の妻 武子と桂小五郎のパートのセリフ練習をしました。

桂さんは3度目になるので、練習を重ねた甲斐が有り、いつでも本番OKの状態です。

武子さんは、初めての掛け合いで、刺客の反撃を受け額に一撃を受けて悲鳴を上げるところ以外は、だいぶ上手になりました。

あとは、すばらしい悲鳴を上げていただけばOKです。

新選組隊士の皆さん

斎藤一

P1030102

藤堂平助

P1030105

原田佐之助

P1030099

2013年9月27日 (金)

愛犬ももちが骨折

映画とは関係ないのですが、うちのチワワの「ももち」が家族に踏まれて骨盤骨折という重傷を負っていました。

踏まれたのは9月19日(木)で、悪いことにこの日は獣医さんがどこも休診日で、とりあえず行きつけのところに連れて行ったのですが、専門スタッフがいないということで、確定診断はできず翌日再来ということになりましたが、内蔵が傷ついていたら命取りになると判断したので、即、別の獣医さんに駆け込み見てもらったら、骨盤骨折と診断され、血液検査とエコーで内蔵の損傷はないと思われる、ということで痛み止めを打ってもらい、手術は鳥取大学でと希望し、鳥取大学農学部附属動物医療センターの先生を紹介してもらいました。

しかし、学会と土日祝とが重なって、鳥大に行けたのが火曜日。

それまで、ももちは足が痛くて、足を動かしてはピーピー鳴いてました。かわいそうで見ていられない。

でも、さすが、大学の動物病院!

最新の機器と熟練医師のおかげで骨折箇所は3箇所、内蔵損傷は無し、明日手術、ということで、先生から診断結果と今後の治療方針、概算経費など丁寧に話していただき、感服の至でした。

そして、術後は人間と同じで、点滴を受けて、麻酔が覚めたあとは神妙にしておりました。

そして昨日は、もう痛くなくなったみたいで、患部の足を地について面会に行った私達に嬉しくてはしゃいでしまい、こちらが焦りました。はしゃぐと患部がまた外れてしまうのではないかと。

そして、ももちが本日夕方に我が家に帰ってきます。嬉しいなあ。

鳥取にはペットの強い味方「鳥取大学農学部附属動物医療センター」があって本当に心強いです。

難病の犬たちがたくさん来ていました。遠く大阪、境港からも。

盲導犬OBが2匹も来ていて、人間よりも賢そうな顔つきと仕草にはオーラが輝いていましたし、飼い主は大阪の方で「鳥取に移住したい!こんなにりっぱな動物病院がある鳥取に!」との話しに、鳥取に住んでいるオラたちは幸せモンだと確信しました。

ももち

P11706301

2013年9月22日 (日)

維新の魁の次の映画は・・・・戦艦武蔵で行くか

なぜだかわかりませんが、維新の魁の制作がまだ8本も残っているのに、そのあとの映画は、鳥取市出身の猪口敏平中将が最後の艦長を務めた戦艦武蔵の映画を撮りたくって仕方がありません。

鳥取西高の先輩でもあり、鳥取市出身でもあり、あの武蔵の最後の館長さんで、武蔵とともにマリアナ沖に沈んでいった猪口中将のことが、忘れられないというか、誇りに思うというか、生き様を残してあげたいというか。

戦艦大和は、何度も映画にされていますが、武蔵を主人公にした映画は私は見たことがありません。

もしやるとすれば初めての特撮になるので、しっかり構想を立てて向かっていきたいなあ。

武蔵野模型とかで協力いただける方は、ページの左下にあるメール送信か、コメントに書いて知らせてください。

一緒に猪口中将の映画をつくりませんか。

ああ忘れてました。猪口中将は、因幡二十士の一人「詫間樊六」の子孫なんです。

詫間は「神風流」という剣の流派を起こしますが、その「神風」から「神風特攻隊」の名付け親になったのが、猪口力平で、猪口中将の弟さんであります。

わ~。やっぱり維新の魁つながりなんだ~。天命というものでしょうな。

本圀寺五烈士の子孫の皆さんが150年ぶりに全員集合

2013年9月20日の金曜日は、鳥取御城下の歴史に残る大事件が発生しておりました。

なんと、京都本圀寺事件(因幡二十士事件)で亡くなった、五烈士の子孫の皆さんが全員集合していたのです。

事件以来、遺族の方々が全員集合したことがあるとは聞いていませんので、150年経って初めて全員集合が成されたことになると思います。

黒部権之助、早川卓之丞、高澤省己、加藤十次郎の子孫の方々が、さざんか会館で「本圀寺の大激論」「水鳥密約」の映画を鑑賞されたあと、お茶を飲みながらざっくばらんな意見交換をしました。

話の内容は、ご先祖様たちがなぜ死なねばならなかったのか、どのように死んでいったのか、残された遺族たちの境遇、この映画への思いとか、多岐にわたり、最後は、再会できることを願って閉会しました。

この、歴史に残る再会のドラマに私一人が臨席させてもらったことに「ああ、映画を作っていて本当に良かった。」と、つくづく思いました。

さあ、映画作りをがんばっぺ!(水戸弁)

本圀寺の大激論を上映します

突然ですが、本日10時からさざんか会館で「本圀寺の大激論」を上映します。(参加料500円)

バタバタしていて、PRするのを忘れてました。まだ見ていない人は見に来てください。

午後1時からは「天誅!堀庄次郎」のセリフ練習をします。

役者の皆さんは都合がつけば来てくださいね。来られない人は、自習してください。

2013年9月21日 (土)

衣装合わせをしました

今日は一日かけて10人ほどの役者の衣装合わせをしました。

みんな初めて衣装に手を通すので、緊張している人やその気になっちゃった人などいろいろな反応で、でも、本当に映画俳優になるんだというのが実感されたのではないかと思います。

衣装担当の皆さんも朝から夕方まで本当にありがとうございました。

何人か写真を掲載します。

武田観柳斎

P1030087





桂小五郎

P1030083_2

永倉新八

P1030085_3

近藤 勇

P1030093_2

沖田総司
P1030094_2


家老 鵜殿大隅
P1030089


沖田総司

2013年9月19日 (木)

茨城空港と米子空港が直結されます

スカイマークが茨城空港と米子空港を直結するそうです。

途中、神戸空港を経由しますが、一日4便。楽チンです。

米子空港は鳥取から120kmほど離れていますが、高速を使えば2時間で行けます。

12月20日の開始を目指しているそうです。

鳥取と水戸とが組めばご政道を変えることができるで。

こんど一人で水戸に行く時はこれを利用しようかなあ。

2013年9月16日 (月)

新選組でまち興し・行方の方々の心意気 感服の至だで

16日朝、東京から鳥取に帰ってきました。

台風の影響で3時間ほど余分にバスの旅を楽しませてもらいました。

JRも飛行機もストップする中、バスの運ちゃんは走れる道を探しながら、高速と一般道を乗り継いで鳥取まで帰ってくれました。ありがとう夜行バス。

バスの運ちゃんの心意気、感服の至だで。

14日は、行方市の高埜課長さんの案内で新選組局長 芹沢鴨の生家、芹沢家のお墓、平間重助の家の跡、芹沢と一緒に殺されたお梅さんと鴨と重輔が供養されている法眼寺などを案内していただき、今までほとんど知らなかった芹沢鴨が一挙に身近に感じられました。

芹沢家というのは、そもそもが芹沢城の殿様の家系で、その後は代々医者をして、今でも医者をされているそうです。

しかも、芹沢家秘伝の塗り薬「筋渡し」を今でも処方されているとのこと。すごいことです。

一緒に襲われた平間重助は、殿様だった芹沢家の家来筋に当たる家系で、同じ町内に住んでいたそうです。

若い二人が期待に胸ふくらませて京都に旅立ったんだろうなあと思うと、映画監督としてはビビビと来るものがあります。

しかも、芹沢が暗殺されたのは、これまで、酒乱で乱暴なのに手を焼いて会津公が近藤らに暗殺を指示したということになっていて、私もそう思っており、芹沢のダークなイメージが固定されていました。

ところが、このたび新説が発見され、芹沢が会津公に無断で有栖川宮家への奉公を画策したため、激怒した会津公から近藤らに暗殺が命じられたという、驚くべき芹沢の正体が明らかにされようとしているとのことです。

歴史のなんといい加減なことでしょう。

これまで、芹沢はただの酒乱で乱暴者で愚かな人間だと思っていたのが、尊王攘夷の魁たらんとした、さすが水戸天狗党の出身者だ!と、ストンと腑に落ちる説ではないですか。

当然映画監督としては「新説 芹沢鴨ー尊王攘夷に生きた男ー」なんて映画を作りたくなるではないですか。

いいなあ行方の方々は、ただでさえ熱い男たち(女性も熱いのがいらした)がたくさんいて、毎年新選組まつりをして、こんど、伝通院から壬生寺まで1年がかりで歩き通すという、とんでもない企画を実行されるとは。

行方の方々の心意気 感服の至だで!

おまけに、芹沢鴨の新説まで出てきて、いいなあ。そう簡単に新説なんて出てこないですよ。いいなあ。誰でも知ってる芹沢鴨だし。

僕なら絶対映画を作っちゃいますけど、主演は、昔なら佐藤浩市だけど、今なら綾野剛かなあ。

今度作る僕の新作「天誅!堀庄次郎」で初登場の河田左久馬の役は、若桜町職員の綾野剛によく似た人にやってもらいます。

僕の映画は、県民の県民による県民のための映画で、他の誰もが作らない映画をお金をかけずに作り、歴史を目に見える形にすることをモットーにしています。

河田は、桂小五郎を激怒させた男で、龍馬に頼られた男で、初代鳥取県県令で山国隊隊長という経歴の人で、鳥取・京都のヒーローなんですが、ほとんど知られていないんです。

そんな河田を映画にするのは「僕がやらずに誰がやる?」って感じで、新説 芹沢鴨を映画にするのは、「行方がやらずに誰がやる?」

僕の映画はいかがでしたでしょうか?「鳥取の幕末なんてどうでもいいや」てのが本音だとは思いますが、遠く鳥取と水戸の歴史が絡み合っているというのに気が付いてもらえたらそれでいいです。

なにしろ、この150年間は薩長土肥が明治維新を成し遂げたという歴史観で来ていましたから、これからは水戸・鳥取が維新の踏み台になって美味しいところを薩長土肥が持っていったということで、「薩長土肥をぶっ飛ばせ」

新選組も会津もたくさんの人が関わって維新が成って150年。もう、官軍も賊軍もないでしょ。

日本人が成し遂げた奇跡の大革命「明治維新」でござるよ。

Dsc_0295

芹沢鴨の生家(ちゃーんと表示板が立っています)

Dsc_0299

生家の前の説明板(キャラクターのイラストもあって、すばらしい)

Dsc_0307

芹沢と同時に殺されたお梅さんの顕彰碑(お梅さんもうかばれます)

Dsc_0308

新選組まつりの前夜祭交流会(市長さんや県・市議会議員さんなどそうそうたる顔ぶれ)

でも、翌日15日は、台風18号の影響でどしゃ降りになってしまい、まつり本番は大変なことになってしまったのではないでしょうか?

がんばれ行方!



2013年9月12日 (木)

江戸に着き申した。

鳥取を昨夜8時50分に出立し、江戸に6時過ぎに着き申した。
夜行バスは正直厳しいでござる。
夢で暴走バスに乗っている夢を見て、運ちゃんがごいごいスピードを上げて岩に激突して、その瞬間目の前が真っ白けになって、かなりうなされていたような。
事故で死ぬときってこんな感じかなあと、すんごくリアルでした。
この前江戸に来た時は、ホテルで悪霊に襲われてうなされたし、これから何度うなされるのかと思うと気が重たいような。



2013年9月11日 (水)

天誅!堀庄次郎の制作スケジュール確定

最新作「天誅!堀庄次郎」制作スケジュールが確定しました。

役者さんの都合のいい日程に合わせて、ロケ先の都合と照らし合わせて出来上がったスケジュールです。突発的な不都合や天候にも左右されますが、ここまで来るのが結構大変な作業です。

マスコミに取材してもらえる時間や場所も確定していきます。

天誅!堀庄次郎製作スケジュール(平成25年9月10日現在)

9月21日(土) さざんか2階

   9~16時   衣装合せ1、カツラ合せ(都合の良い時間に来てください)

9月22日(日) さざんか2階

   9~13時   大激論臨時上映会(森本のみ)

  13~17時   セリフ合せ2

9月29日(日) さざんか2階

   10~13時   衣装合せ2・カツラ合せ2(21日にできなかった人)、

   13~17時   セリフ合せ3

10月 6日(日)ロケ現場確認、立ち稽古

  12半~14半 高砂屋ロケ現場(断固阻止、刺客密談、死を覚悟、池田屋脱出)

(高砂12:30~15:00)

  14半~15半 岸根邸ロケ現場(慶徳温情、暗殺)

  16半~18    若桜ロケ現場(新選組行進、長鳥密約、栂尾会議、池田屋)

10月20日(日)高齢者福祉センター2階教養文化室(9~11時)

    9~10半  高齢者福祉センターで衣装着替え

10半~12半 東照宮ロケ(新選組参道行進、禁門の変)

12半~14  若桜へ移動、昼食

14~17   若桜ロケ(新選組土蔵通り行進、長鳥密約、栂尾会議、池田屋襲撃)

17~18   高砂屋に移動(途中、たかやに寄り大ザルそばを受取る)

18~19   池田屋脱出シーン撮影(高砂18:00~19:30)

 

11月 2日(土)さざんか2階(9~16時)

     9~10   さざんか会館で衣装着替え

   10半~13半 高砂屋ロケ(断固阻止、刺客密談、死を覚悟)、昼食、岸根邸に移動

(高砂10:00~14:00)

   13半~15半 岸根邸ロケ(慶徳温情、暗殺)

   15半~16  湯谷に移動

   16~17   湯谷ロケ(庄次郎・長老入浴)

2013年9月10日 (火)

新選組まつり 行方上映会でお会いしましょう

9月14~15日に茨城県行方市で行われる「なめがた新選組まつり」に招かれまして、14日(土)14時~行方市玉造公民館で上映会を行います。

今回は、エピソード2水鳥密約、エピソード4本圀寺の大激論の本編2本立て、水鳥密約と本圀寺の予告編、そして次回作「天誅!堀庄次郎」の予告編改訂版を上映します。

何が改訂版かといいますと、それまでは新選組は触れていませんでしたが、行方が芹沢鴨の出身地ということで、新選組の池田屋襲撃のくだりを付け加えました。

といっても、まだロケをしていませんので、「新選組」の文字のみ付け加えたものです。

予告編ですのでこれで勘弁してくだされ。

15時30分から「歴史講演会」ということで、またまた私がぶっこきます。

といっても、私は学者や研究者ではないので、古文書のこととか、確証がない事以外は話さないとかのお堅い話はできません。

少々冒険的な事も織り交ぜながら、あちこち脱線しながら、新選組のことは行方の方々の方がよく知っておられると思うので、鳥取藩の幕末のことと、映画作りについてぶっこきたいと思います。

行方市民の皆さんは鳥取のことなど どーでも どーでも いいかもしれませんが、「薩長土肥をぶっ飛ばせ」をスローガンにしている私の歴史観には興味を持っていただけるのではないかと思います。

明治維新が成し遂げられたのは薩長土肥のオカゲだけじゃないぜよ。(土佐弁)

水戸や鳥取や会津や新選組やみんな~が関わって明治維新ができたんじゃ。(長州弁)

明治維新150周年は、そんなふうに迎えるべきだっちゃ(鳥取弁)

ということで映画を作りまひょ(京弁)

関東の皆様、14日に行方でお会いしましょう。

2013年9月 8日 (日)

第1回セリフ合わせを行いました

オリンピック開催が東京に決まった本日、第1回のセリフ合わせを行いました。

何人か都合が悪く出られない方もいましたが、ほとんどの方が参加してくれました。

初めにロケ本番の日程を確定し、脚本を一通り読み上げ、時間に限度がある方のパーツからセリフ合わせを行い、最後にはじめから最後まで通しでセリフ合わせをしました。

欠席の方のパートは代役を立てて、私も二人分役を演じました。

今回の主役 堀庄次郎と、前作の主役 安達清一郎との掛け合いは、さすが経験者!安心して聞いていられました。二人のすごいところは、いい按配でアドリブが入るところです。台本そのままでなく、自然にチョコっとアドリブが入るんです。これがなんともセリフを味わいあるものに変えてるんですねえ。いいわあ。 

東京五輪決定!歴史的な今日、第1回セリフ練習・・すばらしい

東京五輪開催が決定しました。

招致に取り組んでこられた関係者の皆さんの心意気・・・感服の至だで!

その歴史的な日に「天誅!堀庄次郎」の第1回セリフ練習をします。

深く深く感じ入り申す。一生忘れられない日になりそうです。

役者、スタッフの皆さんの力を結集して五輪の感動に負けないような映画にしたいと思います。

その反面、東京オリンピックに浮かれて、日本大震災で亡くなられた皆さんやまだ避難生活している皆さん、原発で被爆された皆さんのこと、一日も早い復興を忘れることなく、この東京オリンピックの意義を考えて行かなければと思いました。

安倍総理のプレゼンで福島原発の汚染水問題について「全く問題ない」と表明したのを見て「問題だらけなのになあ」と思ったのは私だけではないと思います。

何はともあれ今日から本格始動です。

2013年9月 7日 (土)

衣装の仕分けが終わってしまいました

本日は、マネージャーと衣装着付け主任の窪田さんとの3人で衣装の粗整理をするつもりで朝からポチポチ始めたんですけど、なんと、粗でなくしっかり整理ができてしまいました。

さすが、窪田さんです。手探りで始めた衣装担当も3度目になると手際もよく、ポチポチサクサク、役一人ごとに袴と着物と羽織のコーディネートができあがりました。

新選組のだんだら羽織も揃って、衣装面は完璧な準備が出来ました。

明日は1回目のセリフ合わせです。役者の皆さんよろしくお願いします。

2013年9月 6日 (金)

あす土曜日は衣装の粗整理を行います

あす土曜日は、さざんか会館2階で衣装の粗整理を行います。

なにしろ、新選組11人、鳥取藩士6人、長州藩士2人、堀の妻1人、湯谷の長老1人の21人も登場するので、それは大変です。

前作が5人だったのと比べると4倍なんです。ど~ん(´Д`)

10時ころからポチポチとやりますので、お暇なら来てよね~私寂しいは~。

2013年9月 5日 (木)

レディーモモ

我家のわんこは、ヨークシャーテリアのチビッコだけではありません。

伏せをすると必ず足を組むので、我家では、レディーモモと言われているモモチもいます。

でかいですけど世界最小の犬種チワワなのです。

PCで映画の仕事をしていると必ずまとわり付いてくるので、モモチも映画に出たいのかなあ?

そのうち出演させてやるから待ってろ。レディーモモ。Photo

衣装をさざんか会館に搬入

本日の鳥取は久しぶりの青空だったので、今週土曜日の衣装整理に備えて、実家に置いてある衣装をさざんか会館に借りているロッカーに搬入しました。

搬入してみて改めて最新作の人数の多さに驚いてしまいました。

自分が脚本を書いておいて、何をいまさら、と言われるかもしれませんが、3作目になるので若干気が大きくなって、新選組を11人も出すなんて暴挙に出てしまったのが運のつきでした。

新選組11人のうちセリフ有りは、近藤、土方、総司の3人なので、あとの8人はセリフ無しのエキストラなのですが、衣装やちょんまげは絶対必要なのです。

大変だこりゃ!

ということで、今回、着付係の助っ人が3人増えましたので、前作の3人体制から、6人体制に充実しました。

しか~し、ちょんまげ職人は私一人なので、これを何とかしなければ!

ここにきて、ボランティアスタッフ希望者2人から電話がありましたので、この二人をちょんまげ職人に育成しようかなあ。

2013年9月 4日 (水)

9月8日のセリフ練習のお知らせ

いよいよセリフの練習が始まります。

9月8日(日)13時からさざんか会館3階ボランティア室で第1回セリフ合せとビデオ機器の撮影練習を行います。

<参加対象者>

役者の方、新選組でセリフがある近藤、土方、沖田役の方、尊攘志士役でセリフがある方、ビデオカメラ担当、デジカメ担当

<今回欠席でも良い方>

新選組でセリフがない方、進行管理、ナレーター、着付係

お茶とお菓子はこちらで準備します。

新選組隊士の衣装と隊旗が到着・・・すばらしい

新選組10人分の隊服・鉢巻と大きな隊旗が到着しました。

既に買っている一着と併せて合計11人分の新選組を構成することができます。

鳥取県広しといえども、新選組11人分の衣装を持っているのはわが委員会だけだと自負しております。たぶん。

記念に写真を載せておきます。

役者・エキストラの皆さんは衣装合わせの日までワクワクしていてくださいませ。

これで若桜の町と鳥取東照宮の参道を練り歩くのじゃ~

尊王攘夷の志士連中を都から排除するのじゃ~(by近藤局長)

P1170609

2013年9月 3日 (火)

恥かしながらオオクワガタがまた脱走

日曜の映画製作会議と結団式は本当に盛り上がりました。

新選組のエキストラ(近藤、土方、総司にはセリフあり)もほとんどが決まり、これから練習に入っていきます。

基本的にセリフなしの人は衣装合わせだけ来ていただいたらいいのですが、セリフ練習も結構力が入りますので、遊びに来てみられたらいい経験になると思います。

ということで、実はまたまたオオクワガタが脱走しまして、前回の脱走騒ぎで、ケースを厳重に閉じたのですが、一体どこから脱走したのか、ロックがかかっているプラスチックケースから逃げました。まるで忍者のようです。

で、二日ほど探しましたが見つからず、前回同様ひょっこり出てくるだろうとあきらめていたところ、うちの愛犬チビッコが何かクンクンしているので、まさかと思い座布団をどかしてみると、いるではないですかオオクワガタが。

チビッコでかした!ビーフジャーキー1年分進呈に匹敵する大手柄に、普段お手もできないチビッコが大きく見えました。

Photo

オオクワガタ探し名人、ヨークシャーテリアのチビッコです。

2013年9月 2日 (月)

新選組隊士のだんだら羽織を発注しました

映画「維新の魁」エピソード7「天誅!堀庄次郎」の製作に入り気持ちも監督モードに入ったので、本日、新選組隊士の制服である「だんだら羽織、鉢巻」を10人分と誠の文字が入った「大新選組隊旗」を発注しました。

もうこれで新選組はできたようなものです。

槍も手配が済み、大小の刀は既に購入済みなので、若桜や鳥取の町を新選組が練り歩くのが楽しみです。Photo

2013年9月 1日 (日)

天誅!堀庄次郎の配役決定・脚本説明・結団式

先ほど結団式を居酒屋どんちゃんで終えて帰宅しました。

どんちゃんといえば、5ヶ月前に水戸、東京、横浜から応援団が駆けつけて水鳥密約の結団式をした場所なので、もう次回作に取り掛かるのかと時の流れの速さを感じながら、がらりと変わった顔ぶれを前にして、新作への意欲がもりもりと湧いてきました。

結団式には14名の方が参加され、初顔合せにもかかわらずいい映画を作りたい志は一つになって、もう、最高に盛り上がりました。

配役決定では、私自身初めてお会いする方もいたので、皆さんの顔を見ながら配役を最終決定し、といっても新選組のエキストラにまだ余裕がありますが。

桂小五郎、近藤局長、土方歳三、河田左久馬などなどベストキャスティングになったと思います。

意表を突いて沖田総司には女性を抜擢しました。近藤・土方・総司の絡みも見どころだと思います。

堀庄次郎の田中逸人アナウンサーも仕事の合間を縫って参加していただき、妻 武子役の方と初顔合せ。かっこよく暗殺されていただきます。

すぐ後ろに暗殺犯役の二人が座っていたので、「お手柔らかに」と挨拶したりと、和やかに説明会は終わりました。

総勢30人。維新の魁史上最大規模の撮影になりそうです。P1030081

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31