フォト
無料ブログはココログ

« 萩に行きたい。 | トップページ | 「安達清風日記」に読む幕末の鳥取藩の著者を日本海新聞が紹介 »

2015年1月17日 (土)

由良台場の講演会に行ってきました

本日、北栄町図書館主催の講演会「建築学からみる由良台場の構造」に行ってきました。

講師は、金澤雄記(米子工業高等専門学校建築学科助教)という新進気鋭の先生で、人気雑誌『週刊 日本の城』(ディアゴスティーニジャパン)の執筆・監修を務め、講演にも引っ張りだこの研究者です。
こんな人が鳥取にいたなんて驚きです。
先日、米子城の復元CGの記事が日本海新聞に出ていましたが、それがこの金澤先生です。
講演は、午後の講座だというのに眠気も催さず、素晴らしいの一言でした。時間配分もぴったりで、質疑応答もたっぷり時間を取っていただき、楽しかったです。
まだ、だれも本気で取り組んでいない台場を研究テーマにしているので、これからどんな真実を暴いていただけるのか、本当に楽しみです。
一発でファンになってしまいました。金澤雄記がんばれ~。
また、来場者の方が古老の話として、昔「六尾の反射炉の近くの肥溜めから土を持って帰って、アンモニアを取り出し、火薬の原料の硝酸を作っていた」との話を紹介されました。
反射炉で大砲作るだけじゃなく、火薬も作っていたなんて、150年前の鳥取藩すご~い。
戦艦大和の46サンチ砲を設計したのも北栄町の方です。
現在、北栄図書館では、六尾反射炉で作った大砲を探しているそうです。
いろいろ話が寄せられているそうですが、中々核心に迫れないそうです。
でも、その心意気が素晴らしい。自分とこの大砲は自分たちが追い求める。
その隣のラーメン屋のラーメンもおいしいです。おすすめ。

« 萩に行きたい。 | トップページ | 「安達清風日記」に読む幕末の鳥取藩の著者を日本海新聞が紹介 »

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 由良台場の講演会に行ってきました:

« 萩に行きたい。 | トップページ | 「安達清風日記」に読む幕末の鳥取藩の著者を日本海新聞が紹介 »

最近のトラックバック

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31