フォト
無料ブログはココログ

« <維新の魁>鳥取龍馬伝制作委員会の模様が日本海ケーブルテレビで放送されました | トップページ | 水戸の皆様 水戸黄門復活おめでとうございます。 »

2015年2月 7日 (土)

鳥取東照宮参道の梅開花

鳥取東照宮参道の梅開花
春が来ました。鳥取東照宮参道の梅が咲いています。良い薫りがしてます。

« <維新の魁>鳥取龍馬伝制作委員会の模様が日本海ケーブルテレビで放送されました | トップページ | 水戸の皆様 水戸黄門復活おめでとうございます。 »

コメント

潮来のぽんたです!お久しぶりです!
鳥取ではもう梅が咲いていますか? 魁ですねvv
こちらでは、3月20日頃が満開なので、やはり3月になってからかな、と思います。

龍馬さんのお話が続いたので、「鳥取の映画は少しお休みなのかな?」と思っていたら、エピソード8だったのですね!
幕末の志士達は、本当に、あの当時日本国中を巡っていたのですねぇ・・。

私のブログで、久しぶりにですがこちらのご紹介記事をup致しました。
新選組まつりも、春からまた各地で開催されます。
私も頑張ります

ポンタさんお久しぶりです!
確かに東照宮に梅が咲いているのですが、早すぎますよねえ。
私も自分の目を疑いましたが、間違いなく梅の香りが漂い、ほかの人たちも写真を撮っていたので、梅です。でも、早咲きのなんちゃら梅というやつかもしれません。
私の家紋は、丸に梅鉢なので、梅は大好きです。
先日、ABさんという方と友人になったのですが、若いのに郷土の歴史をかなり深く知っていて、「松崎川上地区出身の森本さんなら尼子のご一党さんかもしれませんよ。尼子は天満宮を信奉していたので、梅鉢もその証拠かもしれません。」と言われて目から鱗が落ちました。
そんな話は初めて聞いたのですが、菩提寺の住職から「森本さんげは今の当主が23代目で松崎で一番古い家だじぇ」と言われたのを覚えているので、一代20年として400年ほど前、戦国時代まではさかのぼるので、尼子の残党というのも可能性があります。
尼子は毛利元就をビビらせた戦国大名で、緒方拳さんの尼子経久が大好きです。
ということは森本家は山中鹿之助ともご一党さんということになります。
なのでこれからは「僕にも七難八苦を与えてつかんせえ!」を森本家のキャッチフレーズにします。
歴史って面白いですねえ。
今週日曜日から鳥取出身の方が書かれた新刊の「安達清風日記に読む幕末の鳥取藩」の読書会を始めますし、鳥取黒木龍馬会報も創刊しますので、3年後の明治維新150周年に向けて着々と外堀を埋めております。
是非、150周年には「水戸も鳥取と共に立ち申す!」的に薩長土肥をぶっ飛ばさせていただきたいと思っちょります。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鳥取東照宮参道の梅開花:

« <維新の魁>鳥取龍馬伝制作委員会の模様が日本海ケーブルテレビで放送されました | トップページ | 水戸の皆様 水戸黄門復活おめでとうございます。 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31