フォト
無料ブログはココログ

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月に作成された記事

2015年7月30日 (木)

<小泉八雲>小泉八雲スペシャル御膳試食会

小泉八雲がこよなく愛した食べ物だけで作り上げた「小泉八雲スペシャル御膳」を試食し、映画「とっとりの幽霊布団」を鑑賞します。

小泉八雲の大好物とは

 ビステキ(ビーフステーキのこと「美ステキ」ってすばらしい!

 ウナギのかば焼き

 由良漬け124年前の由良のなら漬けを再現)

 プルーンプディング(博物館カフェ「カフェ・ダール ミュゼ」特製)

日時:平成27年8月24日(月)18時30分~
 たくみ割烹店   料金:5,000円(要予約)
※予約は左側の「メール送信」から送ってください。

2015年7月29日 (水)

<維新の魁>お盆特別企画 維新の魁一挙上映会

 

<<お盆特別企画>>

維新の魁 6作品 & 小泉八雲の怪談 作品
合計7作品一挙上映会
今年もやります。今まで制作した映画の一挙上映!
パイプ椅子なのでお尻が痛い。
座布団持参がベスト。
<<上映作品一覧>>
<維新の魁~鳥取藩飛翔~>
エピソード2「水鳥密約」
・・・・・桜田門外ノ変に鳥取藩も関係していた
エピソード3「天下の兄弟喧嘩」
・・・・・鳥取藩主池田慶徳が弟の慶喜と兄弟喧嘩
エピソード4「本圀寺の大激論」
・・・・・本圀寺事件(因幡二十士事件)の発端
エピソード6「討幕の魁」
・・・・・等持院事件・天誅組ノ変・生野ノ変の鳥取藩士
エピソード7「天誅!堀庄次郎」
・・・・・鳥取勤王党の立役者 堀庄次郎暗殺事件
エピソード8「鳥取龍馬伝」
・・・・・坂本龍馬と勝海舟と佐久間象山と鳥取藩士
<小泉八雲の怪談>
とっとりの幽霊布団
・・・・・布団がしゃべる。兄さん寒かろ~お前寒かろ~
上 映 日 時・場 所・題名
  <参加料=1日1000円>

★日時:平成27年8月14日(金)10~15時

 場所:さざんか会館2階大研修室(鳥取市富安2丁目1042

①10~11時 エピソード2「水鳥密約」

②11~12時 エピソード3「天下の兄弟喧嘩」 

③13~14時 エピソード4「本圀寺の大激論」

④14~15時 エピソード6「討幕の魁」

★日時:平成27年8月16日(日)10~15時半

  場所:さざんか会館2階大研修室(鳥取市富安2丁目1042

①10~11時半 エピソード7「天誅!堀庄次郎」

②13~14時半 エピソード8「鳥取龍馬伝」

③14時半~15時半 小泉八雲の怪談「とっとりの幽霊布団」

2015年7月23日 (木)

<小泉八雲>マスコットキャラクター「ヤクモちゃん」の成長記録

7月4日に耳なし芳一がイメージされて拾って帰ってしまったシャムネコの「ヤクモちゃん」。19日経ったその後をお知らせします。

拾った時のヤクモちゃん。

目がつぶれたようになっていて、拭いてやると、膿のようなものがドバ~

P1220421

目薬を差して一夜経ったヤクモちゃん。お目目パッチリ。おお、目の色がブルー&ピンク。
もしかして外人さん?
P1220389
少し元気になったヤクモちゃん。
P1220431
日に日に飲むおっぱいの量が増えております。
P1220581
グビッ グビッ グビッ ・・・ ぷは~、このために生きてるニャン♪♪♪
P1220574
た~まに監督さんのパソコン上で一休みだニャ~ン♪♪♪
目ヂカラが出てきたニャ~ン。
キーボードをランダムに踏んで画面が躍るニャ~ン♪♪♪
そのうち映画にも出るニャ~ン♪♪♪
もちろん化け猫映画ニャ~ン♪ 怖いニャ~ン♪♪

<維新の魁>鳥取龍馬伝 ガレージナイトシアターを行いまし

7月18日の土曜日、維新の魁初めてとなるガレージナイトシアターを開催しました。

龍馬さんを演じていただいた松浦さんの「友人・知人・家族にも龍馬の雄姿を見てもらいたいっす。」の希望を実現すべく、松浦邸の一階にあるガレージ駐車場にスクリーンとプロジェクターを持ち込んでガレージナイトシアターとなりました。
当日は、歩行者天国ではなかったですが鳥取名物の土曜夜市ということもあり、近所の皆さんも駆けつけ、おまけにビールやおつまみのおもてなしもあって、会場には50人近い方が集まりました。
上映映画は「鳥取龍馬伝」。役者やスタッフも集まり、急きょ舞台挨拶もやり、大変楽しいひと時を過ごしました。
こういう上映会も楽しいなあ。
上映後には、ジェラートさんのマジックの披露もあって、栄町通り創成の第一歩が始まったと思いました。
私は、地方創生って、今一つ意味が分からないんですけど、昔、西尾知事が進めた「地下おこし」のイメージでその地域を盛り上げて「ここに住んでてよかったな~。もっと良い地域にしたい!」って思えるような活動が地方創生だっていえば、良く理解できます。
また、ガレージナイトシアターやりましょう。
上映映画は、やっぱり鳥取の鳥取による鳥取のための映画でなくっちゃだめです。
しかも、地域のみんなが出演すれば、更に楽しいこと間違いナシ。
2015718
7月25日の夕方、湯所神社の境内で「湯所神社ナイトシアター」を行います。
とっとりの幽霊布団を上映しますので、近くの方は遊びに来てください。
暑いので水分を持参して熱中症にならないようご注意ください。

2015年7月21日 (火)

<小泉八雲>鹿野の雲龍寺に行ってきました

7月18日のセリフ練習が終わった後で、鹿野町の雲龍寺に行ってきました。

雲龍寺には露姫の位牌があるということで、映画制作に先駆けて、供養のお線香を捧げてまいりました。
Dsc02226
役者・スタッフの皆さんと一緒に山門に立つと左右はモミジのトンネルで、シーズンには真っ赤に燃えるモミジがさぞきれいだろうなあと思いながらお堂に上がりました。
P1040487
露姫のお位牌に皆が順番にお線香をあげて、露姫の供養とロケの無事をお願いしました。
Dsc02232_2
その後いよいよ露姫の遺書とご対面。
表書き、覚書、遺書本体とすべてが完璧にそろったもので感動いたしました。
なにかの文化財にでも指定されているのかと思いきや、まったく指定されていないそうで、鳥取の文化行政の遅れを感じました。
Dsc02259
庭も美しくて驚きました。観音院や興禅寺のお庭はググッと迫る感じがしますが、ここのは、すかーっと奥深い景色で、また、違った趣で感動しました。
Dsc02242
秋のモミジのシーズンには観覧できるそうなので、また、行きたいと思います。
池田冠山や池田慶徳の書も見せていただき、おまけに種田山頭火の書もあって、超ビックリ!
Dsc02268
東京都日野市で勝五郎を研究している皆さんが団体でいらしたこともお聞きして、遅ればせながら鳥取の原住民が勝五郎や露姫の物語を映画にすることがいかに意義深いかを改めて実感いたしました。

2015年7月12日 (日)

<小泉八雲>勝五郎と露姫~生まれ変わりの物語~制作日程

勝五郎と露姫~生まれ変わりの物語~制作日程

<2015年7月11日現在>

7月18日(土) 10~12   セリフ練習1、さざんか2階

         13:30~  鹿野雲龍寺訪問(露姫供養)

7月26日(日) 10~12   セリフ練習2、さざんか2階

8月 2日(日) 10~12   セリフ練習3、さざんか2階

8月 9日(日) 10~12   セリフ練習4、さざんか2階

8月22日(土) 10~12   セリフ練習5、さざんか2階

         13~16   衣装整理、さざんか2階

8月29日(土) 10~12   セリフ練習6、さざんか2階

         12:30~13 冠山・露姫供養(国府池田家墓地)

9月 6日(日)  9~17   ロケ本番


<黒木龍馬会>安達清風日記に読む幕末の鳥取藩の読書会

2か月ぶりの読書会でした。

前日の熱中症も回復して、元気に出かけましたが、黒木龍馬会ののぼりを立てる意欲はありませんでした。
今回は、前回「プチャーチンの来航と安政の大地震」を読んだ際、西伊豆出身の会員の方が、ひいお婆ちゃんの経験談として、戸田村でプチャーチンの船を建造したのを見物したとの言い伝えを思い出されまして、次回にそのことを調査研究して報告していただけるということになっていたのをご報告いただきました。
丁寧に3枚のレポートにまとめていただいて、説明と質疑応答をしていただきました。
ちょうど、世界遺産に指定された韮山の反射炉も近くにあって、西伊豆はもう一つの幕末を物語る地であることが分かりました。
鳥取の地で西伊豆の幕末史を勉強することができて、本当にこの会をやった甲斐がありました。
次回は「黒船来航と漂流民」を読みます。
ここには、鳥取の漂流民「利七」も出てきます。
土佐のジョン万次郎みたいな人が鳥取にもいるのです。
で、会員の方が、次回には利七のことを調べてご報告していただくことになりました。
面白くなってきました。会員の方が自ら調べて報告する。
読書会が研究発表の場にパワーアップしてきました。
この読書会もやった甲斐がありました。まだまだ参加者が少ないので、興味があるかたはぜひご参加ください。次回は次の通りです。
9月20日(日)10~12時 さざんか会館2階大会議室
<内容>
・ 鳥取の漂流民「利七」について研究報告
・ 黒船来航と漂流民 の読書
P1040484
読書会の様子、途中笑い話も交えてワイワイとやっております。
毎回サプライズが出て、本当に楽しいです。

<小泉八雲>勝五郎と露姫~生まれ変わりの物語~製作委員会立上げ

2015年7月11日さざんか会館にて映画「勝五郎と露姫~生まれ変わりの物語~」製作委員会を立ち上げました。

配役、制作日程、香盤などを配布説明した後、監督自ら台本を読み上げました。
維新の魁の余力で制作する映画ですが、台本が27頁にもなって、たぶん40分ほどの映画になりそうです。
とっとりの幽霊布団が20分ですので、2倍2倍です。
通算8本目の映画になりますので、自分で言うのもなんですが、中々よくできた台本になったと思います。
夕方6時から近くのインドカレー屋さんで結団式。
北インド料理で、ピリ辛のタンドリーチキン、じゃがいものカレー煮、そして食べ放題のナンとカレー3種、そしてひえひえの生ビール。うまい!
と、調子よく2杯目いったところで、突然気を失って、口からはさっき食べたカレーとナンとビールがシャッフルされてゲロゲロと。
なんと、私、森本映画監督、熱中症にかかってしまったのであります。マジか?マジです。
で、2回目のゲロゲロの際はマネージャー兼嫁がナイロン袋でゲロを受けてくれたのです。さすが嫁さんは優しいなあと感謝した直後、なんとそのナイロン袋が破れていまして、いったん入ったゲロゲロが穴からドロドロと床に流れ落ちて、ズボンと靴に全部かかってしまったのであります。マジか?マジです。
そして3度目のゲロゲロの際は、近くにあったカレー皿で受けたんですが、もうそれはそれは大変なことでして、カレー屋さん本当にごめんなさい。
熱中症は、後からやってくるパターンもあるんです。みなさんも気を付けてください。
おかげさまで救急車騒ぎにはならずに済みましたが、本当に生まれ変わるところでした。
映画は命がけで作るんです。そのことがよーくわかりました。
P1040472
製作会議で監督が台本を読み上げるところ。もう自分の台本に酔いしれていました。
ココで酔いしれたのがまずかったのかもしれません。
P1040475
ここらあたりまでは絶好調でした。
この後急に耳が聞こえにくくなって、視界が見えにくくなって、気が遠くなって。
気が付いたら、生暖かいものが顎のあたりから胸のあたりにかけてほんわかと・・・
結団式にご参加いただきました役者・スタッフの皆さんには本当にご心配ご迷惑をおかけしました。私のゲロゲロに誘発された方はいなかったでしょうか?
あれって、人のを見るとなぜか自分もゲロゲロしたくなってしまうんです。
すっかり元気になりましたので、来週からセリフ練習をがんばりましょう。

2015年7月 6日 (月)

<小泉八雲>映画「勝五郎と露姫」のマスコットキャラクター誕生

現在、映画「勝五郎と露姫~生まれ変わりの物語~」の製作委員会を11日に立ち上げる準備をしているところです。

7月4日の朝、露姫の遺書を版画刷りした物が鹿野町の雲龍寺にあるということで、お寺に電話しました。
和尚さんに遺書を映画に出させていただけないかお願いしたところご快諾いただき、近いうちに役者スタッフと共に見に行こうと思っています。
また、和尚さんから、冠山の書と露姫の位牌もあるということをうかがい、驚きました。
できれば、それも合わせて映画に出させていただきたいと思っております。
そして、そのことを八雲のひ孫にあたる小泉凡さんに電話で報告したところ、雲龍寺のことはご存じなかったので、今度、鳥取に来られた際に雲龍寺にご案内することを約束しました。
その際、凡さんから「これから八雲会設立100周年の記念行事に出かけるところ。」とお聞きして、100年も続いている八雲会はすごいと思いました。
北海道や熊本からも参加があったそうで、ヘルン先生の魅力パワーを改めて感じました。
そして、近くの東照宮までウォーキングに出かけたところ、子猫のミャーミャーという鳴き声がどこからともなく聞こえてきたので、探したところ、空き家の玄関の前の小さなダンボール箱からはい出た、病気か何かで両目を閉じた子猫を発見しました。
両目が見えないので、耳なし芳一の「芳一」のことが頭に浮かんで、気が付くと、私は子猫を両手に持って家に向かっていました。
うちには犬のチワワとヨーキーがいますので、普通なら猫は飼えないと知らん顔するはずなのに、この子猫は私が飼わないといけないという気持ちになっておりました。
ぬるま湯で浸したタオルで顔を拭いてやると、両目から膿のようなものがブワッと出てきてビックリしました。
失明しているのかなあと思いましたが、人間用の結膜炎の目薬を差してみたところ、翌日にはすっきりして、くりくりとした目になり、しかも、目の色がブルーのようなピンクのようなきれいな目をしていて、ひょっとするとシャムネコのDNAを持っているようなのです。
P1220431
                     かわゆいでしょう。
このことを小泉凡さんにメールしたところ
ハーンも宍道湖で子供たちにいじめられていた子猫を助けて、ずぶ濡れの子猫を懐に入れて家に連れて帰った」ことを教えていただき、まるで私と一緒じゃん!と本当に驚きました。
こんなことがあるんですね~。本当に不思議な感じです。
4日は、朝から露姫の遺書がある雲龍寺の和尚さんとお話ができたこと、八雲会設立100周年行事にお出かけ直前の小泉凡さんに電話できたこと、子猫を拾ったこと、などなど、あまりに偶然の重なりで、これも何かの縁と子猫の名前を「ヤクモ」と名付けました。
「勝五郎と露姫」のマスコットキャラクターのみならず、11月7日に立上げ予定の「ヘルン先生鳥取倶楽部」のマスコットキャラクターとして、大事に育てていきたいと思います。
P1220423
                  私の名前はヤクモだにゃ~ん。
 

2015年7月 1日 (水)

<小泉八雲>怪談映画第2弾「勝五郎と露姫」製作委員会立上げ

怪談映画第2弾「勝五郎と露姫」の台本が完成し、配役もほぼ確定したので、7月11日(土)15:30~16:30、さざんか会館3階(ボランティア室)で製作会議を行います。

役者の方で都合の良い方はご参集ください。
カメラマン、進行管理など手伝っていただける方はご参集ください。
台本を配布します。
ロケは9月6日(日)の予定です。
また、18時からさざんか会館近くのインドカレー屋で結団式を行います。
飲み放題・食べ放題で2800円です。(キッズメニュー880円もあります)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31