フォト
無料ブログはココログ

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月に作成された記事

2015年10月31日 (土)

都合により、勝五郎と露姫~生まれ変わりの物語~の制作を延期します

一旦、体調が良くなり再開しようとした映画「勝五郎と露姫~生まれ変わりの物語~」の制作ですが、ふたたび検診に引っかかり精密検査を受けたところ少々やばいことになりました。

したがいまして、誠に残念ですが「勝五郎と露姫~生まれ変わりの物語~」の映画製作は、体調が完全復活した後に改めて取り掛かるということに決断しました。
来春にはきっとこの映画を完成させたいと思っています。
楽しみにしていただいている皆さんには申し訳ありませんが、完全復活するまで少々お待ちいただきますようお願いします。
役者・スタッフの皆さんにもたびたびの延期で申し訳ありませんが、来春又お手伝いいただけたら幸せであります。

摩尼寺が国の有形登録文化財に登録

ヘルン先生の「とっとりの布団の話」に出てくる幼子の霊が乗り移った布団を弔った千手観音のある寺「摩尼寺」の本堂が国の有形登録文化財に登録されたというのでお参りしてきた。

石段を登る前に源平茶屋で腹ごしらえ。
P1030101
この日特製の山菜弁当。
普段はないそうですが、こういうのがあればリーズナブルで嬉しいですけど。
是非、通常メニューにしてつかんせ~。
部屋を出たところに昔の写真が飾ってあったのでパチリ。
P1030105
今もほとんど変わらいなあ。いつ頃の写真かなあ?
藁ぶき屋根が何ともいえない雰囲気を醸し出している。いいなあ~
池田の殿様が来た時に休憩した庫裡の御成門。
こんなところに江戸時代の風情が残っている。
きれいに修理されて、この日は少し入ることもできました。
P1030118
登録版と説明板。
P1030119
あいさつをされた井尻住職さんもいつもより輝いて見えました。
ひょっとしたら頭に磨きをかけてきた?
いえいえ、大きな仕事をされて後光が差して見えたんです。きっと。
もし、ヘルン先生が鳥取に来ていたら、因幡第一の霊場である摩尼寺を訪れていた可能性があると思っています。
布団の話の舞台でもあるわけだし。
摩尼寺再興が鳥取の元気にもつながると思います。
ところで、県立博物館内にあるレストラン ミュゼの前の看板に
小泉八雲が大好きなプルーンプディングの案内がありました。
鳥取でプルーンプディングを食べることができるのは、唯一ミュゼのみです。
博物館に来たら是非八雲が愛したプディングをご賞味あれ。
20151025

2015年10月17日 (土)

<小泉八雲>小泉八雲スペシャル御膳試食会の模様

小泉八雲の大好物で作ったスペシャル御膳試食会の模様が記事になりました。

小泉八雲のスペシャル御膳の新聞記事

2015年10月13日 (火)

<黒木龍馬会>今年も山国軍楽隊に参加しました

毎年、10月第2日曜日に行われている山国神社のお祭りで山国軍楽隊の演奏が奉納されていますが、今年も鳥取から私一人ですが参加してきました。

12時にイベント会場から山国神社に向けて軍楽を演奏しながら行進し、還幸祭が行われ、軍楽の中の礼式が奉納されます。
そして、13時から山国郷のあちこちにある神社にお参りしながら街々を練り歩き、終了するのが18時。
総距離6キロ程をゆるゆるとした行進でぴーひゃらぴーひゃらのメロディーに合わせて行進します。
あの、官軍の行進曲「ぴーひゃらぴ~ ぴーひゃらぴ~」は鳥取藩の曲なんです。
鉄砲隊として参加したので、かなり重量のある鉄砲を担いで、初めのうちはいいですが、後半になると鉄砲が肩に食い込んで、へとへとになりました。
でも、官軍の風を全身に感じながら行進するのはそうそう経験できることではないので、毎年のことですが、いつも感動です。
各地域にある神社では接待があって、ビール飲んだり、おにぎり食べたり、エネルギーを補給しながら歩くので、おいしいのですが、今回、豆腐ちくわが出ていたので驚きました。
鳥取から200キロも離れた山国で鳥取の豆腐ちくわに出会うのはかなり驚きです。
なぜ、ここにあるのか聞こうと思いながら、行進が出てしまったので聞きそびれました。
だれか鳥取出身の方が山国にいたのだと思います。
それと、昔、智頭農林の先生で、今は山国に在住の方がいて、もう高齢ですが、私が鳥取弁であいさつしましたら、懐かしくて「もう一度話して!」と、鳥取弁をリクエストされて、あえて鳥取弁をしゃべろうとしたら出ないというトホホな経験もしました。
また、来春行きますので、鳥取弁でしゃべりましょう。
来年の祭りにも行きますし、来春は、映画維新の魁の山国隊行進の撮影もします。
来年中か再来年の春の作品では、山国隊と河田左久馬が大活躍した安塚の戦いの映画化に入りますので、山国の皆さんどうぞよろしくです。
P1030074
行進中に撮影。今回は52名ほどが行進しました。
P1030077
休憩所で接待を受けて、太鼓が鳴ったら出発。もう少し休ませてつかんせ~。

2015年10月 6日 (火)

<黒木龍馬会>萩に行ってきました。

9月30日~10月2日に萩と江津に行ってきました。

水戸から来た友人5人と京都の山国隊のご子孫、そして鳥取黒木龍馬会の美田会長と総勢8人での萩視察となりました。
夜は、民宿「女台場」に泊まって、まるで修学旅行のようでした。
P1020916
高杉晋作の銅像
P1020921
高杉晋作のお墓
松下村塾の少し奥の山の中腹にあります。
他にも松陰先生、杉家の皆さん、玉木のおじさん、久坂玄瑞
など、花燃ゆに出てくるメンバーのお墓があります。
P1020938
世界遺産「萩反射炉」
鳥取の北栄町由良にも反射炉がありましたが現存していません。
もし残っていたら由良台場と合わせて世界遺産間違いなしなのに、残念です。
鳥取への途中、江津市の小川家を初めて訪問しました。
突然の訪問にもかかわらず奥様に対応していただき、1時間半近く話し込んでしまいました。小川家は800年続いているそうです。すごい。
河田左久馬はじめ15人の因幡二十士がお世話になったのもここ小川家です。
うちの二十士さんが本当にお世話になりました。
P1020965
小川家には雪舟の作った雪舟庭園で有名です。

<小泉八雲>マスコットキャラクター「ヤクモちゃん」の成長記録3

鳥取初の小泉八雲ファンクラブ「ヘルン先生鳥取倶楽部」のマスコットキャラクター「ヤクモちゃん」の成長記録3。

日に日に腕白になって行くヤクモちゃんですが、寝姿は萌えるにゃ~ん。
P1020990
P1020980
寝ている間に足の爪が切られているニャン。
全く気が付かないニャン。爆睡ニャン。
P1020986
猫の肉球フェチの方へ

<小泉八雲>スペシャル御膳の試食会を行いました

小泉八雲(ラフカディオハーン、ヘルン)がこよなく愛した、ビステキ、うなぎのかば焼き、プルーンプディング、由良漬けで構成した「小泉八雲スペシャル御膳」試食会を鳥取駅前の民芸の店「たくみ割烹店」で行いました。

映画関係者など総勢8人が集合して、八雲の大好物を集中的に堪能しました。
ビステキは、鳥取黒毛和牛のビーフステーキ。
ウナギのかば焼きは浜松産ウナギを使用。
プルーンプディングは、鳥取県博内レストラン「ミュゼ」のオーナーが特別に腕を振るった超レアもの。
そして八雲が終生懐かしがった北栄町由良宿の「由良漬け」という奈良漬。
単品でも豪華なのに、それが大集合して超A級グルメになっています。
P1020970
一番上のでかいのがプルーンプディング(カット前)
左下が鳥取黒毛和牛のビステキ
その下の漬物が由良漬け、その右隣が浜松産ウナギのかば焼き
P1020974
プディングを作ってくれた鳥取県立博物館内レストラン「ミュゼ」
のオーナー河崎さん。今まで食べたことがないおいしいスイーツ。
少し温めて、生クリームとメイプルシロップを絡めて食べました。
P1020973
ラム酒に浸した色々なドライフルーツが入っています。
本番は11月8日(日)「ヘルン先生鳥取倶楽部」設立大会後の凡さんと一緒に楽しむ「小泉八雲スペシャルランチ」で食べることができます。
代金3000円、30人限定で事前予約が必要です。

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31