フォト
無料ブログはココログ

歴史

2023年11月15日 (水)

鳥取歴史振興会山名部会の発足会を行います

室町時代の約250年間因幡国の守護職であり続けた山名氏の栄光を明らかにするため映画を作ることを決めました。

これに先立ち山名氏の歴史を調査研究するため鳥取歴史振興会に山名部会を新たに設置します。

ついては当会の発足会を開催しますのでご賛同ご協力いただける方はご参加いただきますようお願いします。

鳥取歴史振興会会長、映画監督 森本良和

<鳥取歴史振興会山名部会の発足会開催について>

このたびみだしの会を開催します。

ご参加いただける方は、momo1957@yahoo.co.jp までメールください。

なお、準備の都合上11/30までにご返信ください。

とき 12月10日(日) 午後1時〜3時頃

ところ さざんか会館1階会議室

内容
①山名部会発足について
②ミニ講座 山陰の守護大名・山名氏について(森本監督)
③その他
④茶話会🍰

会費 500円(茶菓子代、資料代)

※山名氏、映画制作、役者出演に興味のある方がおられましたらお声がけの上ご参加ください。

※鳥取歴史振興会への加入も当日OKです。(加入料無料)

2023年9月11日 (月)

山名豊国勉強会は終了しました。

9月10日の勉強会を持ちまして山名豊国勉強会(計3回)は終了しました。

今後は、鳥取歴史振興会の臨時イベントとして映画「山名豊国」(仮称)の製作にリンクする形で山名氏に関連した勉強会、研究会、講演会などを開催していく予定です。

イベントが決定しましたらこのブログにて紹介しますので、時々ブログをチェックしてくださいね。

 

2023年7月 6日 (木)

山名豊国勉強会の開催について

2023618

次回作品「山名豊国」の制作に当たりまず良く知ろうという気持ちで勉強会を行っています。

今までに2回(6月18日、7月2日)行いほぼ満席となりました。

第3回は9月10日(日)13時からさざんか会館1階会議室で行います。(参加費無料)

 

 

 

2023年3月 8日 (水)

活動再開宣言

コロナも下火になって、5月には2類から5類へ移行になることも決まって、いよいよ満を持して、コロナで塩漬けになっていた新作映画「天下の小代合戦」完成上映会を下記のとおり開催します。

また、鳥取藩の幕末史を10本の作品にした「維新の魁~鳥取藩飛翔~」全10本の一挙上映会を下記のとおり開催することにしました。

更に、映画制作の方も再開します。題名は「山名豊国~戦国因幡の生き証人~(仮称)」山名宗全の5代後の孫になります。

 「天下の小代合戦」完成上映会

と き:令和5年5月21日(日)13時~16

ところ:鳥取県立博物館 2階 講堂

代 金:500円(映画出演者・関係者と小代の方は無料)

 

<その後の小代合戦上映日程>

<日にち>

令和5年5月24日(水)

    5月30日(火)

    6月17日(土)

    6月25日(日) 

<時間>

午前の部 10時 ~12時

午後の部 13時 ~15時

<場所>

さざんか会館(市役所駅南庁舎の50mほど南側) 鳥取市富安2丁目104-2 

代金:500円 (映画出演者・関係者と小代の方は無料)

 

<維新の魁~鳥取藩飛翔~上映日程>

<日にち>令和5年5月28日(日)

         6月 4日(日)

<時間>午前の部 10時 ~12時

    午後の部 13時 ~17時

<上映作品>

5月28日午前

1 尊王攘夷の魁

2 水鳥密約

5月28日午後

3 天下の兄弟喧嘩

4 本圀寺の大激論

5 鳥取勤王二十二士事件

6 倒幕の魁

6月4日午前

7 天誅!堀庄次郎

8 鳥取龍馬伝

6月4日午後

9 官軍の魁~荒尾駿河の大英断~

10 戊辰の魁

~鳥取藩十三番隊山国隊~

<場所>

鳥取県立博物館講堂

<料金>

1日 500円(映画出演者・関係者は無料)

2021年10月 8日 (金)

歴史振興会のコロナ禍でのうごき

新型コロナが発生して歴史振興会の活動が止まり1年半が過ぎました。

収束までにはまだ時間がかかりそうです。

この間してきたことは次の通りです。

・京都歴史研究会との情報交換

・映画次回作の準備(脚本作成のための情報収集、甲冑製作)

・映画維新の魁~鳥取藩飛翔~のとりまとめ

ワクチン接種が進んで経口薬が一般化してパンデミックが収束したら直ちに活動再開できるよう準備中です。

2018年12月16日 (日)

吉岡将監の鎧が完成

製作を初めて2年、やっとのことで吉岡将監の鎧が完成。
兜はクワガタのがあるのですが、戦国時代らしくないのでこれから考えることとして、とりあえず鎧部分が完成ということで写真を載せます。
家紋が金ぴかでかっこいい。
本物の鎧を参考にして陣笠家紋を作りました。

Photo

2018年11月19日 (月)

幕末維新~鳥取英雄伝「河田左久馬と農兵隊」展示会開催中

Photo

2018年11月16日 (金)

山国上映会を開催しました

10月27日(土)19~22時、京都の山国で維新の魁 エピソード10~戊辰の魁~大垣の盟書のシーン抜粋 上映会を開催しました。

たくさんの方のご来場をいただき、ありがとうございました。
1542067051944_2
1542067166956
1542067081320
1542067055857_2

山国隊と共に鳥取藩兵隊が二条城と新京極アーケードを行進します

鳥取藩兵隊が山国隊と共に京都の二条城と

新京極アーケード街を行進します!

時代祭の先頭を歩く維新勤王隊列のモデルとなっている「山国隊」。その発祥の地は,現在の京都市右京区京北山国地域です。平成30年は、幕末維新の時代に官軍に加わり活躍した「山国隊」結成150年に当たることから、京都市右京区では「魁!! 山国隊プロジェクト」として様々な事業を実施しており、この度、本プロジェクトの一環として、山国隊が二条城と三条名店街・新京極商店街を軍楽演奏して行進します。

この度、京都市右京区と山国隊軍楽保存会のご厚意により、「山国隊と共に戊辰戦争を戦った鳥取藩兵部隊を編成して、山国軍楽隊と共に行進しませんか」と鳥取歴史振興会にお誘いがあり、揚羽蝶紋の鳥取藩旗を打ち立てて鳥取藩兵部隊が京都市内を行進することになりました。

 なお、鳥取歴史振興会は、10年前から山国隊軍楽保存会と交流を続けており、また、映画「維新の魁~鳥取藩飛翔~ エピソード10 戊辰の魁~鳥取藩十三番隊山国隊~」を山国ロケし、山国隊員役を山国の方々が演じ、10月27日に山国上映会でお披露目しています。

<山国隊・鳥取藩兵隊 行進の概要>

1 開催月日 平成30年11月25日(日)   

 2 世界遺産二条城での行進(二条城まつりのイベントとして行進します。)

時 間 午前10時30分~午前11時20分頃(雨天中止)

 行進経路>東大手門→唐門(写真撮影)→二の丸御殿前(紹介・礼式演奏)→唐門→台所

 3 三条名店街・新京極商店街(アーケード)での行進 

 時 間 午後1時~午後2時頃(雨天決行)

 行進経路>三条河原町→新京極商店街ろっくんプラザ(行進休止)→四条新京極

鳥取藩兵の衣装!

今回、山国隊軍楽行進で鳥取歴史振興会の会員が扮する鳥取藩兵のスタイ

ルは、山国隊と同じ衣装に、大小2本の刀を差したスタイルです。

先頭者が鳥取藩の旗「因州蝶(丸に揚羽蝶)」を掲揚して2列縦隊で、

総勢7人で編成し、60名の山国隊と共に行進します。

2018年11月10日 (土)

鳥取藩幕末維新映画祭を開催します

鳥取藩は桜田門外ノ変に加担したことで幕末維新の動乱に突入し、

山国隊軍楽演奏と共に京都凱旋を果たしたことで幕を閉じた。

この度、映画 桜田門外ノ変と映画 戊辰の魁~鳥取藩十三番隊山

 

国隊~を一挙上映して、鳥取の幕末維新史を再確認する。

・日 時:12月23日(日)9~16時

・場 所:鳥取県立博物館講堂(定員250人)

・入場料:500円

・主 催:鳥取歴史振興会(電話:070-5676-0593森本)

・日 程

 1 橘川&森本 歴史映画制作対談(90分)

    テーマ「映画作りで地域を元気にする!」

 ・橘川栄作=桜田門外ノ変の企画者

       ・森本良和=維新の魁の映画監督

(映画制作と地域おこし、映画制作の裏話・苦労話などを森本が聞き出します。)

<映画上映>

1 維新の魁エピソード10 戊辰の魁~鳥取藩十三番隊山国隊~(75分)

  ・京都山国隊と鳥取藩の関係、鳥取藩の幕末概要をまとめた作品

2 桜田門外ノ変(137分)

 ・井伊大老を暗殺した桜田門外ノ変を映画化。

・鳥取藩も一枚かんでいて、鳥取城下、鳥取藩士が登場する。

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2023年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30