フォト
無料ブログはココログ

歴史

2018年12月16日 (日)

吉岡将監の鎧が完成

製作を初めて2年、やっとのことで吉岡将監の鎧が完成。
兜はクワガタのがあるのですが、戦国時代らしくないのでこれから考えることとして、とりあえず鎧部分が完成ということで写真を載せます。
家紋が金ぴかでかっこいい。
本物の鎧を参考にして陣笠家紋を作りました。

Photo

2018年11月19日 (月)

幕末維新~鳥取英雄伝「河田左久馬と農兵隊」展示会開催中

Photo

2018年11月16日 (金)

山国上映会を開催しました

10月27日(土)19~22時、京都の山国で維新の魁 エピソード10~戊辰の魁~大垣の盟書のシーン抜粋 上映会を開催しました。

たくさんの方のご来場をいただき、ありがとうございました。
1542067051944_2
1542067166956
1542067081320
1542067055857_2

山国隊と共に鳥取藩兵隊が二条城と新京極アーケードを行進します

鳥取藩兵隊が山国隊と共に京都の二条城と

新京極アーケード街を行進します!

時代祭の先頭を歩く維新勤王隊列のモデルとなっている「山国隊」。その発祥の地は,現在の京都市右京区京北山国地域です。平成30年は、幕末維新の時代に官軍に加わり活躍した「山国隊」結成150年に当たることから、京都市右京区では「魁!! 山国隊プロジェクト」として様々な事業を実施しており、この度、本プロジェクトの一環として、山国隊が二条城と三条名店街・新京極商店街を軍楽演奏して行進します。

この度、京都市右京区と山国隊軍楽保存会のご厚意により、「山国隊と共に戊辰戦争を戦った鳥取藩兵部隊を編成して、山国軍楽隊と共に行進しませんか」と鳥取歴史振興会にお誘いがあり、揚羽蝶紋の鳥取藩旗を打ち立てて鳥取藩兵部隊が京都市内を行進することになりました。

 なお、鳥取歴史振興会は、10年前から山国隊軍楽保存会と交流を続けており、また、映画「維新の魁~鳥取藩飛翔~ エピソード10 戊辰の魁~鳥取藩十三番隊山国隊~」を山国ロケし、山国隊員役を山国の方々が演じ、10月27日に山国上映会でお披露目しています。

<山国隊・鳥取藩兵隊 行進の概要>

1 開催月日 平成30年11月25日(日)   

 2 世界遺産二条城での行進(二条城まつりのイベントとして行進します。)

時 間 午前10時30分~午前11時20分頃(雨天中止)

 行進経路>東大手門→唐門(写真撮影)→二の丸御殿前(紹介・礼式演奏)→唐門→台所

 3 三条名店街・新京極商店街(アーケード)での行進 

 時 間 午後1時~午後2時頃(雨天決行)

 行進経路>三条河原町→新京極商店街ろっくんプラザ(行進休止)→四条新京極

鳥取藩兵の衣装!

今回、山国隊軍楽行進で鳥取歴史振興会の会員が扮する鳥取藩兵のスタイ

ルは、山国隊と同じ衣装に、大小2本の刀を差したスタイルです。

先頭者が鳥取藩の旗「因州蝶(丸に揚羽蝶)」を掲揚して2列縦隊で、

総勢7人で編成し、60名の山国隊と共に行進します。

2018年11月10日 (土)

鳥取藩幕末維新映画祭を開催します

鳥取藩は桜田門外ノ変に加担したことで幕末維新の動乱に突入し、

山国隊軍楽演奏と共に京都凱旋を果たしたことで幕を閉じた。

この度、映画 桜田門外ノ変と映画 戊辰の魁~鳥取藩十三番隊山

 

国隊~を一挙上映して、鳥取の幕末維新史を再確認する。

・日 時:12月23日(日)9~16時

・場 所:鳥取県立博物館講堂(定員250人)

・入場料:500円

・主 催:鳥取歴史振興会(電話:070-5676-0593森本)

・日 程

 1 橘川&森本 歴史映画制作対談(90分)

    テーマ「映画作りで地域を元気にする!」

 ・橘川栄作=桜田門外ノ変の企画者

       ・森本良和=維新の魁の映画監督

(映画制作と地域おこし、映画制作の裏話・苦労話などを森本が聞き出します。)

<映画上映>

1 維新の魁エピソード10 戊辰の魁~鳥取藩十三番隊山国隊~(75分)

  ・京都山国隊と鳥取藩の関係、鳥取藩の幕末概要をまとめた作品

2 桜田門外ノ変(137分)

 ・井伊大老を暗殺した桜田門外ノ変を映画化。

・鳥取藩も一枚かんでいて、鳥取城下、鳥取藩士が登場する。

2018年8月15日 (水)

明治維新150年記念映画 維新の魁(さきがけ)-鳥取藩飛翔(ひしょう)-ついに10本目が完成 「戊辰の魁~鳥取藩十三番隊山国隊~」完成上映会について

1 映画製作の趣旨

今年、明治維新150年の節目を迎えるに当たり、池田慶徳が鳥取藩主になった嘉永3年から官軍鳥取藩13番隊山国隊が京都に凱旋する明治2年までの約20年間を10のエピソードに分け、2012年から撮影を進めてきた映画「維新の魁~鳥取藩飛翔~」の最後の作品エピソード10「戊辰の魁~鳥取藩十三番隊山国隊~」が完成しました。

2 完成記念無料上映会

8月19日(日)13:00~16:00、鳥取県立博物館講堂、入場無料 

 

3 一般上映会(さざんか会館1階大会議室、一人500円)

                               
 

期 日

 
 

時   間

 
 

期 日

 
 

    時   間

 
 

823()

 
 

1012時、1416

 
 

831()

 
 

1012時、1416

 
 

826()

 
 

1012時、1416

 
 

9 2()

 
 

1012時、1416

 
 

830()

 
 

1012時、1416

 
 

 

 
 

 

 

2017年12月10日 (日)

新作映画 官軍の魁~薩長因備~の完成上映会を開催

      明治維新150年記念映画

     維新の魁~鳥取藩飛翔~
      エピソード9
官軍の魁 ~薩長因備~ 上映会
      <あらすじ>

天下分け目の鳥羽伏見の戦いの直前、薩摩の西郷隆盛から岡山藩在京家老の土倉修理之介に書簡が来た。「鳥取藩在京家老の荒尾駿河は本当に勤王に尽くすのか?」との疑念を示すものであった。

慶応413日鳥羽伏見の戦いが勃発。京都鳥取藩邸では薩長につくのか幕府につくのか激論が交わされたが、荒尾駿河が自分の手兵だけでも引きつれて伏見に出陣するとの大英断に藩邸が一致団結。

14280人余の鳥取藩兵が出陣。15日早朝幕府軍と交戦に至る。その夜、大久保利通は、薩摩の島津久光に「鳥取藩は間違いなく官軍に御座なく候」と感動気味の報告書を書いたのだった。
<完成記念無料上映会>
日時:平成29年12月17日(日)
    13:00~16:00
場所:鳥取県立博物館 2階講堂
内容:1鳥取歴史振興会あいさつ
   2出演俳優の舞台あいさつ
   3監督の制作解説
   4映画上映
   5映像&トーク
     大河ドラマ西郷どんが10倍楽しくなる!かも

<<一般上映会、500円>>

12月19日(火)10~12時

12月20日(水) 14~16時

12月24日(日)10~12時、14~16時

12月27日(水)10~12時、14~16時

場所:さざんか会館1階 アクティブとっとり会議室



大河ドラマ西郷どんが10倍楽しい!

官軍の魁の予告編が完成

明治維新150年記念映画 維新の魁~鳥取藩飛翔~エピソード9 官軍の魁~薩長因備~の予告編が完成したので、ユーチューブにアップしました。

2017年12月 4日 (月)

明治維新150年記念 維新の魁 薩長因備シンポジウムの開催

鳥羽伏見の戦いで、将軍徳川慶喜の兄弟でありながら、真っ先に薩長軍に味方した鳥取藩(慶徳)と岡山藩(茂政)。
鳥羽伏見の戦いを官軍勝利に導いた因備の活躍を「薩長因備」として大激論。
日時:平成30年(2018)4月8日(日)13時~16時
場所:鳥取県立博物館2階講堂 
シンポジウム参加者(予定)> 
薩摩代表 原口 泉(鹿児島県立図書館長)
     西郷隆夫(西郷隆盛曾孫)
水戸代表 鯉渕義文(鯉渕要子孫、作家、桜田門外の変同好会代表幹事)
長州代表 田中洋一(下関市立歴史博物館学芸員)
京都代表 原田良子(西郷隆盛研究家、薩長同盟の地「御花畑」の発見者)

2017年9月13日 (水)

明治維新150年事業協力連携団体第1号、第2号

明治維新150年事業の趣旨に賛同し協力連携していただける企業団体が2つになりました。オオヒロさん、湯谷荘さんありがとうございます。ともに薩長因備を盛り上げていきましょう。

<第1号>

 鳥取県全域・及び兵庫県北部を中心に、リフォーム・新築・不動産といった住まいに関する事を全てカバーしている株式会社オオヒロ。

Photo_3

<第2号>

 幕末に活躍した鳥取藩の堀庄次郎、桜田門外の変の現場指揮官 関鉄之介、櫻仁蔵が入浴した。ナトリウム塩化物炭酸水素塩泉で、皮膚病、婦人病、神経痛などのほか特に美肌を作る湯。

Photo_4

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31